おとなしい女性との会話は難しい?控えめ女性の接し方

おとなしい女性

こんにちはにしじまです。
「好きなタイプは、聞き上手で控えめで、か弱くて大人しい女性!」

 

そんな男性も多いのではないでしょうか?

 

 

そんな女性なら、自分の言うことを素直に聞き入れてくれるし

面倒な喧嘩をせずにいられそうだから。

 

そう思っているのならば、それは間違いです。

 

ですが、大人しい女性だって、表に出さないだけで

ちゃんと自分の意思は持っています。

 

 

今回はそんなおとなしい女性の攻略法についてお伝えしていきます。

 

大人しい女性は難しい

良い関係を築いていくのであれば、お互いの意思が尊重されるべきです。

 

しかし、大人しい女性は、自分の感情を表に出そうとしませんから、

お互いの意思を確認し合うのがとても難しいのです。

 

敏感に相手の女性のサインを読み取り、

気持ちを汲んで上げる必要があります。

 

大人しい女性だからといって、

あなたのやりたいようにできる訳ではありません。

 

女性は心の中にずーっと我慢をためて、気付いた時にはもう手遅れ。

 

あなたから心が離れてしまっている。となるのがオチです。

長年連れ添った夫婦で、奥さんから突然離婚を切り出す女性はこの我慢強いタイプです。

 

 

 

少しずつ距離を縮めていこう

相手の女性が、元々大人しい性格なのか、

それともただ単に人見知りをしているだけなのかは

きちんと見分けるようにしましょう。

 

 

ただ、共通して言えるのは、警戒心が強いと言うことです。

 

なので、馴れ馴れしい態度をいきなり接して相手の築こうとしている壁を一気に飛び越え、

土足で踏み込むなんてことをしてしまっては、苦手な人認定をされて終わりです。

 

まずは相手のペースに合わせてゆっくりと距離を縮めていきましょう。

 

いきなり異性としてのアピールをするのではなく、

人として(友達として)仲良くなろうと努力が必要です。

 

徐々に距離を詰めていくのが無難な方法です。

 

 

 

どんな会話をしたら良いの?

間違いなく言えるのは、

大人しい女性との会話は《盛り上がるものではない》と言うことです。

 

女性の話すペースに合わせて、

のんびりほのぼの…といったところでしょう。

 

 

大人しい女性の多くは自分の話をすることが苦手な傾向があるため

基本的にはあなたが話し続けることになりやすいです。

 

女性は「この人は僕なんかと居ても楽しくないのでは…?」

と不安になります。

 

なので会話の途中で、女性の存在を肯定するような言葉を

混ぜていきましょう。

 

「〇〇さんが、ニコニコ話を聞いてくれるから、つい喋りすぎちゃうなあ」
「〇〇さんといると沈黙も気まずくなくて楽なんですよねえ…」

 

そうやって《あなたいると楽しい》と伝えていくことで、

女性は自己肯定感が上昇し、あなたの事を受け入れやすくなります。

 

 

まとめ

大人しい女性だからと言って、あなたの言いなりになる訳ではありません。

 

お互いを尊重し合う為には、仲良くなる段階から

少しづつ打ち解けるとともに、相手が出すサインの意味を

理解していかないといけません。

 

 

それでもやはり大人しい女性の、ほのぼのとした空気は

あなたを癒してくれる事でしょう。

 

ぜひ時間をかけてでも仲良くなっていってください。

 

 

西嶋

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です