ベタでも二人の距離が近づく効果的な3つのアプローチ正攻法

距離が近づくアプローチ

こんにちは西嶋です

 

今回は定番であり、効果的なアプローチ方法をご紹介します。

 

 

人によって嬉しいと思うポイントが違うのは、男性でも女性でも大体共通しています。
とは言え、相手の事をよく知らないところからアプローチを始める場合もありますよね。

 

 

そんな時こそ、まずは定番で攻めていくのも1つの方法です。

いろんな恋愛を経験してきている人でも、

ここでもう一度基本に立ち返るために復習してみましょう。

 

 

ただし、これはあくまで相手の事を知らない時に、

とりあえずやってみる事をオススメするものです。

 

やった事に満足するのではなく、

そこで相手の反応を見て『相手を知る』事が最重要課題です。

 

 

 

ありがとうメール

1通目に自分から送るメールの内容ってすごく悩みますよね。

そこでオススメしたいのが、ありがとうメールです。

 

職場や何かの活動などを一緒にした時など、

何かしらお礼を言うタイミングってありますよね。

 

その場で口頭でありがとうと伝えるだけでなく、

後からメールで伝えましょう。

 

「あの時○○を手伝ってくれてありがとう。すごく助かったよ」など。

 

 

女性にとっては、そんな大したことしてないのに…と言う事でOKです。

ここからメールを始めて、彼女の好みを探ってください。

 

興味があること、休みの日にしていること、

など相手を知る材料を集めましょう。

 

 

 

デートに誘う

ある程度、メールで好みを聞くことができたら、

必ず自分からデートに誘いましょう。

 

 

映画が好きなら映画を見に行く、

お酒が好きならおしゃれなバーにつれていく、など、
相手にあったデートプランを提案しましょう。

 

 

ここでも大事なのは、

相手を知るための材料集めの会話をすることです。

 

メールで聞いた内容についてより深く掘り下げてみましょう。

 

 

またデートプランを遂行する事に一生懸命になってしまい、
家に帰ってみたら相手の反応をあまり覚えていない…。

 

そんな男性は少なくありません。

 

 

その場で相手の反応を見て、

臨機応変に変えたり、次回の糧にする事が大切です。

 

 

失敗してしまったなあ、と思う時もあるかもしれません。

 

その時は素直に「今日はごめんね。リベンジさせてね!」

とフォローメールを送りましょう。

 

 

相手の事をよく知らないのですから失敗も仕方ありません。

 

 

次につなげる姿勢が大切です。
そして何度もデートを重ねましょう。

 

一度のデートよりも2度3度のデートになると

徐々にお互いの距離も近づいていきます。

 

 

 

告白

何度もデートを重ねて、相手の事を少しわかってた。
少しいい雰囲気になってきた。

 

 

いよいよ告白ですね!

 

告白はやはり、サプライズを計画することをオススメします。

 

 

サプライズが苦手という女性も確かにいますが、
その仕掛けを用意するための

手間暇・労力を嬉しいと思わない女性はいません。

 

 

サプライズによって

「まあ、とりあえず付き合ってみようかな」という気持ち
になる女性も少なくありません。

 

 

また、今日こそ告白しようと心に決めても、結局言えずじまいで
ズルズルと先延ばしにしてしまった経験はありませんか?

 

 

サプライズを計画する事で、

自分も逃げられなくしてしまいましょう。

 

 

 

まとめ

晴れて付き合うことになってからが本当のスタートです。

相手の事をもっともっと知る努力をして、仲良くなりましょう。

 

 

何度も言いますが、やって満足ではなく、

それに対する相手の反応を感じ取ることが最大のアプローチです。

 

成功を祈っています。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です