モテる男はアイコンタクトを上手に使いこなす

アイコンタクト

目は口ほどに物を言う、と昔から言われてきた通り
相手の目を見ることで相手の感情を読み取ることが出来ることも少なくないですね。

 

付き合いの長い友人や、カップルなどは、目を見るだけで相手の求めることがわかる
なんてエスパーみたいな事も実際にあり得るから不思議です。

 

 

アイコンタクトを上手に使いこなせるようになれば、
あなたはグッと女性から好意を持たれる可能性が上がるかもしれません!

 

 

 

女性は察して欲しい生き物

「なんで言わないとわからないの?」と女性に怒られた経験ありませんか?

 

 

「えぇっ?言葉にしてくれなきゃわからないよ…」

そんなことは誰しも一度は思ったことありますよね?

 

女性は、日々察することを求められています。

 
仕事でもプライベートでも、状況を察してそれにあった行動をする事で
気配りのできる女性という称号がもらえるのです。

 

 

いずれ育児をすれば、今度は言葉のしゃべれない子ども達が求めていることを
察することができなければいけないのですから大変ですね。

 

 

また、女性は基本的にハッキリ物事を言うことを避けます
特に、○○して欲しい、などの願望であれば尚更です。

 

奥ゆかしい女性が好まれてきた日本ならではかもしれませんね。

だからこそ男性にも察することを求めてしまうのです。

 

 

 

積極的にアイコンタクトを使ってみよう

 

例えば、仕事中何か手が離せないけれど、して欲しいことがある時など、
女性に「気を遣って欲しい」時はあえてアイコンタクトで伝えてみてください。

 

 

状況や個人差はありますが、男性が思っているよりも、女性は察してくれるものです。

 

 

積極的に自分が使うことによって、アイコンタクトを受け取る側になった時も

察することが出来るようになるものです。

 

 

何事も練習あるのみですね。

 

 

 

アイコンタクトを使いこなそう

 

アイコンタクトを上手に使えることができるようになったら、今度は恋愛にも応用してみましょう。

 

 

みんながいる前で、その女性に対してアイコンタクトで何かを伝えてきたら…
2人だけの秘密のようで、女性はドキドキしてしまいます。

 

 

また、女性が何かを目で訴えたのを男性が的確に感じ取れたら…
この人と一緒にいるのは楽だな。と女性は感じます。

 
こんな人と家庭を作っていけたら…なんて妄想まで始めちゃうかもしれません。

 

 

 

まとめ

とにもかくにも練習あるのみ!

 

アイコンタクトを受け取ることが苦手な男性ほど、

自分から積極的に使ってみることをオススメします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です