嘘をつく女性の心理とは?女がウソをつく時の4つのパターン

嘘をつくという行為は、他人からの信頼を失ってしまうやってはいけない事です。

 

 

しかし「嘘も方便」というように、時には相手を思いやって仕方なく
嘘をついてしまった経験がある人も多いのではないのでしょうか。

 

 

女性同士では特に、自分の思っていることをハッキリ言うことを良しとしない雰囲気がありますから、
女性は、本音と建前を上手に使い分けています。

 

 

 

男性にとっては「嘘」と感じる女性の建前もあるかもしれません。

 

では、女性はどういう時に嘘をつくのでしょうか。

 

詳しくみていきましょう。

 

 

やましいことがある

 

やはり嘘をつかれた時、まず「やましいことがあるのでは?」と疑いますよね。

確かにやましい事がある時は嘘をつかざるを得ないので、疑うのが当然です。

 

そんな時は、言葉よりも女性の仕草や態度で判断するようにしましょう。
とは言え、一般的に男性よりも女性の方が浮気を隠すのが上手いと言われています。

その場ですぐに嘘を見抜くのは難しいかもしれません。

 

 

 

嫌われたくない

あなたに嫌われたくないからこそ、嘘をついてしまう女性もいます。

 

例えば、あなたが強く束縛をしたり、極端に心配性であった場合、
何もやましいことがなくても友達と遊びに行く事を隠してしまうかもしれません。

 

バレなければ、あなたとの良好な関係を維持する事ができると考えているからこそ
本当のことが言えなくなってしまっているのです。

 

 

 

心配をかけたくない

上と同じ理由で、嫌われるとまではいかなくても

心配をかけてしまうことを避けて、嘘をついているかもしれません。

 

 

 

よく思われたい

例えば、今まで付き合った人数を事実よりも少なく言ってみたりとか。

料理が苦手だけれど、得意なように装ってみたりとか。

 

男性が見栄をはってしまう気持ちと同じですね。

 

 

 

 

まとめ

いずれにせよ、やはり「嘘をつく」というのはいけない行為です。
お互いの信頼関係を崩すことにつながりますね。

 

 

かと言って、女性を一方的に責めるのではなく、
「なぜ女性が嘘をつく必要があったのか」少しだけ耳を傾けてあげて下さい。

 

いつでも正義だけを振りかざすことが、人間関係を円滑にするというわけではありませんよね。

 

 

もしかして、あなたのちょっとした言動が、
「こうであるべきだ」と女性を追い詰めているかもしれません。

 

女性が嘘をつかなければいけないほどの状況にあなたが追い詰めてしまっていないか、
一度冷静になって振り返ってみましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です