女の恋愛感情を揺さぶるカンタンな方法

感情が高ぶる女性

こんにちは西嶋です。

 

 

「男は理性、女は感情」という言葉を聞いたことはありませんか?

 

 

男性は物事を冷静に原因から分析して、解決策を導くのが得意なのに対し、

女性は論理とは別に、感情で判断するということです。

 

感情っていうのは、好き・嫌いや喜怒哀楽です。

 

正しい・間違っているというのは別の次元で、この感情が絡んでくると、その状況によって答えが違ってくるんですね。泣いてる時や機嫌が悪い時は何言っても否定されたりするのがコレです。

 

ヒステリー女とかヒステリックな女性という言葉も聞いたことがあるかと思います。

 

 

 

 

女性は基本的に感情的な心理をもっているので、感覚的・感情的な表現に弱いです。

これは男性的な脳とは違って、女性の脳の仕組み上の問題です

 

ただ黙々と情報のやり取りをするような抑揚のない会話をする男性よりも

美味しいものを食べてテンションが上がって

「うわ!これめちゃくちゃうまいね!」と美味しそうにニコニコと笑顔で頬張る男性に好印象を持ちます。

 

 

 

恋愛も同じ。

 

女性の感情を揺さぶることで、好印象を持ってもらうことが

恋愛的にもこの人といると楽しい!一緒にいたいと感じるようになります。

 

女性は自分がなぜこの男性のことが好きなのか?という分析は苦手です。

「なんとなく好き」というのは論理的ではないのですが、女性が男性を恋愛対象としてみるには十分な理由なんです。

 

「優しい」

「何だか一緒にいて楽だから」

「居心地がいい」

 

などの一言で片付けられてしまいます。

 

 

女性の恋愛感情をコントロールする

コントロールするっていうと、なんだか悪いことをしているみたいですが^^;

意図的に感情を動かすってことです。

 

2つの方法をご紹介します。

 

  1. まず自分から感情的になる
  2. 褒める

 

最後に、会話で好意を持たせる方法についてもお伝えします。

 

ではまずポイント1から

 

ポイント1:まず自分から感情的になる

もしあなたが目の前の女性を落としたいと思ったら、感情に訴える会話をすることです。

感情表現豊かにコミュニケーションをとってください。

 

 

そのためのポイントの1つは自分が感情的になることです。

 

 

クールぶって、笑わないような男よりも、

大笑いしてくれる方が感情表現が豊かですよね。

 

 

一緒に食事をしてただ「おいしかった」というのではなく、

「濃厚でほっぺたが落ちそうなくらいうまい!」と言ったり、

 

あまりしゃべるのが苦手で表現力がない方は

身振り手振りを使って少しオーバーリアクションで伝えるようにするのもアリです。

 

アメリカなどの外国人は日本人って感情表現が豊かなので、海外ドラマとか見ていたらいろいろと参考になるかもしれません。さすがにオーバーすぎるかもしれませんので、ほんの少し加えるだけでもOKです。

 

感情表現が豊かな人

 

顔のかっこよさよりも感情表現が豊かな男性のほうが

女性はより魅力的に感じます。

 

クールなイケメン男性よりも、ブサイクでも表現が面白かったり

オーバーリアクションな男性のほうがいいということです。

 

 

クールな男ってはっきり言ってモテないです。

 

むしろ、感情をあらわにしない男性は嫌われます。

 

 

女性にどう思われているかというと…

 

「どう思っているのかわからない。」

「好き嫌いがはっきりしない。」

「自分の意見がないのかな?」

こんな風に思われています。

 

好きなものは好きでいいですし、嫌いなものは嫌いとはっきりと伝えるんです。

 

 

映画を見て感動して泣いている男性も実は好感度が高いです。

「男のくせに泣くなんて」と思う女性はごく一部です。

 

ただの泣き虫ではなく、感動して泣くのであればOKなんです。

 

 

 

ポイント2:褒める

次に女性の感情を揺さぶる方法として「褒める」「ヨイショする」「持ち上げる」っていうのがあります。

どれも基本的には同じ意味ですが、ヨイショするってもう死後かもしれませんね(笑)

 

要は「女性に良い気分になってもらう」ってことです。

 

「その靴、オシャレだね」

「ネイルカワイイね」

「ニコニコしてるけどなんか良いことあったの?」

「肌きれいだね」

 

褒める時のポイントとしては、そのパーツに注目してを具体的に褒めると良いです。

具体的に褒めると細かい所まで見てくれてるっていうのが自然と伝わります。

 

なかでも、女性的な部分を褒めてあげることで、

相手の中で【オンナ】の部分を意識させてなおかつ、

女性として喜ばせることもできます。

 

 

褒められるのって誰でも悪い気はしませんよね。

むしろどんどん言っていいです。

 

日本人はこういう褒めるってことが苦手ですよね。

僕もそうでした。

 

なんだかチャラそうなイメージがありますし…

 

 

褒める時はサラッと言うくらいがいいです。

ココはあんまり気持ちを込めすぎるとなかなか言葉としてでてこなくなるので。

 

ポイント1とは真逆ですが、感情を込めずにサラッと言うくらいなら、言いやすいです。

 

 

 

まとめ

女性の感情を揺さぶるには、まず自分が感情的になること。

そして、女性の気分を持ち上げるような褒め言葉をサラッと言うこと。

 

これを意識してみて下さい。

 

 

褒めて持ち上げることができれば、実は目の前の好意をもたせることは非常に簡単になります。

 

褒められると嬉しくなりますよね。

その後にさりげなくお願い(オファー)をしてみると、すんなりOKしてくれるんです。

 

 

嬉しいことをしてくれたら、何か自分もお返ししてあげたくなる…

 

これは人間の心理なので、男女問わず

結構な確率で成功しやすい方法です。

 

これは心理学で言う返報性の原理って呼ばれる心理です。

 

 

この返報性の原理を恋愛に応用した会話方法はかなり使える口説き方で、

僕も実際この会話で何人もの女性を落としてきました。

 

 

誰にでも使える方法としてテンプレート(雛形)にしてまとめました。

興味がある方はチェックしてみて下さい。

 

>女性を口説く一番カンタンな方法

 

 

 

 

 

それではまた

 

西嶋

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です