女性がイライラした時こそチャンス!いい男の対応とは…。

女性の機嫌はコロコロ変わるから正直面倒臭い…と感じる男性も多いのではないのでしょうか。

 

 

女性は生理周期によってホルモンバランスが乱れることでイライラが抑えられなくなる人も多いです。
また、無理なダイエットに挑んでいるなど、様々な原因が考えられます。

 

そう、女性には「イライラする日」という悪魔の日があるのです。

 

 

 

女性がイライラした時の対処法とは?

女性がイライラしている時、1番やってはいけないのは
『あなた(男性)も一緒になってイライラすること』です。

 

理由もわからずイライラされると、怒りたくなる気持ちは十分わかるのですが、
そこはグッと我慢してあげてください。

 

 

彼女自身もイライラしてしまう自分を心のどこかで責めているはずです。
ここは1つ大人になって神対応で更に彼女をメロメロにさせてしまいましょう!

 

 

 

 

理由を聞く

 

彼女がイライラしている理由を聞いてあげてください。
この時、言い訳したり逆ギレするのはおろか、諭すのも避けた方が無難かと…。

 

彼女の立場に立って、確かにそれはイライラするね、と共感すること。
それからごめんね、と一言謝ってあげてください。

 

 

ただし、これからの2人に関する問題の場合は、時間を置いた後に冷静になって話し合う時間を設ける必要があります。

いつまで経っても解決策が見えてこないと、「私の話を聞いてくれていない!」と余計にイライラさせてしまいますのでご注意。

 

 

 

受け入れる

自分でもなんだか理由はわからないけど、なんだか何に対してもイライラする。
そんな女性も少なくありません。

 

 

「今日はイライラしてもいい日だよ」と優しく受け入れてあげましょう。
イライラしてしまう事を1番責めているのは女性自身なのです。

 

 

女性が嫌がらなければ、そっと抱きしめてなだめてあげるのも良いかもしれません。

 

 

家事を代わる

 

同棲しているならば、家事を代わってあげましょう。
いつも頑張ってくれているから今日は休んでいいよ、と声をかけてあげてください。

 

ただし彼女が家事に対して、細かいマイルールがある場合は逆効果になることも…。

 

 

普段から家事を分担して、ルールを理解しているのがベストですが、
難しい場合は「今日は何もしない日にしよう」と

出前を注文するくらいが良いかもしれませんね。

 

※外食は化粧など出かける準備が必要なので、出前をオススメします

 

 

 

甘い飲み物を差し出す

 

甘いものは心をホッと落ち着かせてくれますよね。
甘いお菓子でも構いませんが、飲み物の方が手をつけやすいかと思います。

 

ただし、ダイエット中の女性に甘いものを差し出すのは逆効果が…。

 

というのも、甘いものは一時的にイライラを緩和させる物質が脳内から分泌されるのですが、

それが切れてしまった時はイライラが再び起きてしまうのです^^;
また、ココアやチョコレートは生理痛をひどくする、と言われていますので
渡すものやタイミングにはご注意を。

 

カフェオレかミルクティーが割と無難です。

 

 

 

 

まとめ

 

イライラしている所で、相手にもイライラされたら

「私のことを大切にしてくれない!」と女性は感じてしまいます。
またお互い疲れて嫌な気持ちになるのでいい事ないですよね。

 

ここはグッとこらえて、大人の男の余裕をみせるいいチャンスだと思いましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です