女性とお酒の話で盛り上がるポイント

女性とお酒の話

こんにちは西嶋です

 

女性といい雰囲気になりたい時、おしゃれなBARに連れて行くだけでグッとムードが出ますよね。普段から飲みなれている人なら良いですがいつもは居酒屋、キャバクラ、スナック…なんて人にはBARは敷居が高いのではないでしょうか。

 

そもそも何を注文するか迷うと思います。

 

せっかく作れたいい雰囲気をぶち壊さないためにもお酒の知識はある程度入れておきましょう。マメ知識もいれておけば、お酒の話で盛り上がるのでぜひ今回の話を覚えておいて下さい。

 

 

 

女性の好みを聞いて提案できるようになろう

女性の好みを聞いて、お酒を代わりに注文できると良いですね。特に好まれるのは、甘いリキュールベースのカクテル。有名なのは「カルーア」と呼ばれるコーヒーのリキュールですね。

 

他に、「ティフィン」という紅茶のリキュール、「モーツァルト」と言われるチョコのリキュール、「フレーズ」と呼ばれるいちごのリキュールなど。どれもミルクで割って飲むのを好む女性が多いです。

 

紹介した以外にもいろんな種類のリキュールがありますので「紅茶のリキュールは何か置いてますか?」と店員さんに聞くのが良いでしょう。

 

 

 

カクテルの意味でマメ知識

少し強いお酒も飲めるようなら、カクテルグラスででてくるようなおしゃれなカクテルを注文してみましょう。花言葉ならぬ、カクテル言葉を知っていると話が盛り上がりますね。

 

例えば、

  • カシスソーダなら「あなたは魅力的」
  • ハイライフなら「私はあなたにふさわしい」
  • アプリコットフィズなら「振り向いてください」
  • XYZなら「永遠にあなたのもの」
    などなど…

 

 

普段は照れ臭くて言えないような言葉も、カクテルを理由にして伝えてみたら
よりいい雰囲気になるかもしれませんね。

 

 

 

知ったかぶりは絶対NG

知ったかぶりは見ていて残念です。また、覚えた知識だけをペラペラとセリフのように読み上げても意味がありません。サラッと知識を披露しましょう。

酔っ払った時の失敗談なども、フフと笑える程度なら盛り上がるでしょう。(あまりにも引いてしまうような内容は酒癖の悪さばかりが目立つのでやめましょう)

 

わからない時は素直に店員さんに相談しましょう。知ったかぶりをするよりよっぽど良いですね。また、カクテル言葉もあやふやに披露するくらいならば、「カクテル言葉ってあるんだよね!これは何だろう!調べてみようよ!」と一緒にスマホで検索してみても良いでしょう。

 

その時はキザなカクテル言葉も、ちょっと残念なカクテル言葉も(失恋、お断り、などなど)全て笑いに変えることが大切です。

 

 

 

お酒の話まとめ

あなたのキャラクターに合わせて、様々な知識を披露するもよし、一緒にワイワイ調べながら学ぶもよし。

大切なのはそのお酒を一緒に楽しもうとする姿勢です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です