女性との会話ネタで困らないようにするポイント

こんにちは西嶋です。

 

女性との会話のネタ

男性にとって多ければ多いほど有利と言えますが、
相手の好みが何か分かりません。

そんなときに会話ネタを女性から聞き出し、
その話から横展開していく流れ
が最も好印象を与えることが出来ます。

 


「女性はおしゃべり」ということをよく耳にするかもしれませんが、
そのおしゃべりのキッカケを作るのは、男性の役目です。



特にお互いがまだ知り合って間もなければ、
相手の方にも少なからず警戒心や不安を持っていると言っていいです。

 


男性が会話のネタとして女性が話し始めるためのキッカケを作って、
そこで女性をしゃべらせていくように意識していくことが大切です。

そして会話の内容は徐々にお互いのことを知っていくための話題にしていきます。

 

 


例えば、挨拶が終わって二人で話をすることになったとき、


男性であるあなたが
「休みの日に何をしてるの?」
と聞けば、

 

 


女性が
「う~ん・・・先週はずっと家に居たかなぁ・・・」
と答えたとします。


この回答から、
女性は「家が好き→インドア派」と連想することが出来ます。


インドア派から相手の好みが
「テレビ」「映画」「読書」「料理」などが連想され、
自分が得意そうなネタから会話を展開させます。


自分にとって映画が得意だと思ったなら、

「じゃあ、家で映画とか見てたの?どんな映画が好きなの?」
と展開させていきます。


この流れを連続していけば会話ネタに困ることなく、
女性を退屈させることなく会話を弾ませることが出来ます。



ポイントとしては、決してイエスかノーで答えさせるような質問はしないでください。

会話が下手で話が弾まない人は質問の仕方がよくありません。

 

話題が広がるように話を展開していくように持っていく必要があります。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です