女性が話す家族の話はどうやって会話すればいいか?

女性は、話すことでストレス発散する生き物。

 

その内容は多種多用です。

 

話題の1つとして、家族の話をしてくる女性は少なくありません。

 

 

 

しかし、1番反応に困るのが、この家族の話ではないでしょうか?

3つのパターンに分けて、好ましい反応を考えていきましょう。

 

 

 

 

家族自慢

 

知らない人の自慢をされるというのは、やや面倒臭いですが、
「へーすごいね」「いいお父さん(お母さん)だね」と素直に同調しましょう。

 

 

特に交際している彼女から家族自慢をされた場合は
「将来そんな家族になりたいね」といった反応がベストだと思います。

 

「うちの家族は…」と張り合うのは、私の話を聞いてくれない…
と相手に思われる可能性が高いので注意が必要です。

 

 

 

家族の笑い話

この場合は笑って上げるのが良いでしょう。

 

家族の話に限らず、笑い話に対して普段している反応を、同じようにするのが良いでしょう。

 

 

気をつけなければいけないのは、バカにするような笑いにしない事です。

 

同調して笑い話を広げたつもりが、相手の家族をけなしていたのでは逆効果です。

 

 

家族のことというのは自分ではバカにして笑い話にすることができても、
他人からバカにされると嫌な気分になるものです。当たり前ですよね。

 

調子に乗って口を滑らせないようにしましょう。

 

 

 

家族の文句

これが1番厄介ですね。

 

 

笑い話の時同様、自分が家族の事を悪く言うのと、

他人から家族の事を言われるのとでは、同じ内容でも全く異なるものです。

 

 

かと言って相手の気持ちを否定して、ご家族側に立って反論してしまっては
女性の機嫌を損ねるに違いありません。

 

 

どんな話でもそうですが、女性の話にはまず共感してあげましょう。アドバイスや助言をしたくなると思いますがグッとと我慢してください。

 

逆に、どんなにひどい家族であった場合でも、女性の話に乗っかって家族のことを批判するのはやめましょう。
(そこまでは言わないでほしい…)、(他人の家族を悪く言うなんて…)と白い目で見られるだけです。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

女性にとって自分の家族の話にというのは、単なる話題の1つでしかありません。

しかし実はとってもデリケートな内容なので、反応には気を配りましょう。

 

 

家族の話ができるってことは、ある程度関係ができていないとしゃべりません。

なので、そういう関係性の判断基準としてみることもできます。

 

 

 

大事なのは、共感してあげること。

 

相手の女性の伝えたい状況を理解するのではなく、伝えたい感情を理解してあげること。

 

調子に乗って余計な一言を言ってしまわないように気をつけてくださいね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です