女性のいじり方と具体的なポイント

小学生の頃、好きな女の子に素直になれず、いじめて泣かしてしまう男子。

 

クラスに1人はいましたよね(笑)

 

大人になると、さすがにいじめてしまうことは無くなりますね。

 

 

むしろ、女性には常に優しくなければならない!

と思っている男性も少なくないのでは?

 

 

 

優しくするのは結構なんですが、

実はそれではいつまで経っても友達止まりです。

 

 

それはなぜか。

 

 

男性が、イライラする事や嫌な事があるのを女性はきちんとわかっています。

 

だって人間だもの。

 

 
いつも優しかったり、褒めてくれる時、女性はどう考えているかと言うと

 

「この人、私といる時、無理しているんじゃないかしら?(本音を話してくれていない)」

と、こう思っているわけです。

 

 

 

そこから

 

「実は、腹黒いのでは?」

「嘘(浮気)が上手なのでは?」

 

などといらぬ想像までしてしまうのが女性です。

 

 

では、どのようにすれば、本音を話していると相手に安心させることができるのか。

 

その方法の1つに【 いじり 】があります。

 

 

 

効果的な「いじり」で不安や警戒心を取り除き、本音をさらけ出させる

ただし、相手の女性のタイプによっては嫌われてしまいますので

慎重に見極める必要がありますが…。

 

まぁ、正直に言うといじれる男はモテます。

女の子の感情をゆさぶることができるからです。

 

 

実例を挙げて具体的なポイントをご紹介します。

 

落として上げるパターン

 

「料理できなさそう」
「自分の事、かわいいとおもってるでしょー」

などと、いじって落とします。

 

 

「そんな事ないよ!」と女性が反抗した所で

 

「知ってるよ、この前写真見せてくれた肉じゃが美味しそうだった」
「うそうそ、本当にかわいいからもっと自信もって良いのに」

などと誉め殺しするパターンです。

 

 

 

上の例のように一連の会話の中でテンポよくやり取りする時は
とにかく楽しい雰囲気で明らかに冗談だと伝わることが大事です。

 

逆に、一度落とした後、しばらく経ってから
「さっきは、あーいう風に言ったけど実は○○だよね」
と撤回するのも効果があります。

 

 

この場合は、やや真剣なトーンに変えたほうが

女性はドキドキしますよ。

 

 

上げてから落とすパターン

 

最後に落とす時に上手に笑いに変える必要があるので
やや上級テクニックですが、上手にやれば上のパターンより効果的です。

 

 

「初対面の時は、すっごい美人で近寄れねーとか思ってたけど…
…中身、たたのおっさんだったわー(笑)」

 

最初に、女性を褒めるだけ褒めておいて、
実際そんな事もないか、と落とすので、ある程度の親密さも必要ですね。

 

 

「まあそれくらいが丁度良いよね」

なんてフォローをいれると完璧です!

 

 

これによって女性は、(この人といる時は素の自分を出しやすい…)

と安心することができるのです。

 

 

まとめ

どちらのパターンにしても
相手の女性のタイプや自分のキャラクター、相手との親密度によって、
効果がかなり変わってきますので、注意してください。

 

「お前にだけは言われたくなーい!」と女性を怒らせることのないように…。

上手に使えば、あなたと女性との距離はグッと縮まる事でしょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です