ガードが固い女性を口説く3つのステップ


ガードが固い鋼鉄の女

こんにちは西嶋(にしじま)です

 

 

女性には2種類のタイプがいます。

 

  1. ガードが固い女性
  2. ガードがゆるゆるの女性

 

その2種類しかいません。

 

 

ガードが固いっていうのは、警戒心が強いとも言い換えられます。

 

それこそ、もうガッチガチの鋼鉄の鎧にまとわれてるほど固い女もいます^^;

 

ガードが硬すぎるがゆえにこういうタイプの女性は

貞操観念が強くて処女だったりします。

 

 

「初対面の男性に対してはそう簡単に心は開きませんよ!」

っていう女性はガードが固いです。

 

ガードの固い女

 

 

ただ、女性とコミュニケーションする際に覚えておいて欲しいことは

もともと女性って警戒心の強い生き物だということです。

 

というのも、男性と違って力も弱いので、力では男性には勝てません。

ストーカー被害に遭ったり、DVの被害を受けたり、レイプ被害にも遭うこともあります。

 

 

ニュースでも日常的に怖い事件が報道されてますよね?

日本は比較的少ない方ですが海外なら相当な数です。

 

 

だいたい被害に遭うのは女性です。

夜道で一人で歩くのは襲われたらどうしようもできないので、

男性以上に非常に怖がっているんです。

 

 

僕の経験でいうとこんな女性はガードが固い傾向にあります。

 

ガードが固めの女性の特徴
  • 彼氏がいたことがない
  • 男関係でトラブルにあった経験がある
  • マジメ
  • ノリが悪い
  • 疑り深い

 

 

 

逆に、ガードのゆるい女性というのは

そういった経験や意識が少ない女性です。

 

 

これまで男性で怖い目にあった経験がなく、かつ社交的な女性。

誰にでもオープンマインドな女性。

 

男兄弟がいる家庭に育ったとか、

男慣れしてるような女性もそうですね。

 

 

 

ガードがゆるい女性の特徴
  • 明るくて社交的
  • 過去の男関係に恵まれている
  • 誰にでも優しい
  • 男兄弟がいる
  • おおらか
  • お人好しですぐに人を信用する

 

 

そんな人はわりと緩めな方は多いなって感じてます。

※あくまで僕の見解です。

 

 

 

ガードが固い女性を攻略する3ステップ

ガードが固い女性は警戒心がバリバリでています。

 

なので、まずはこの強固なバリアを取り外す作業から入る必要があります。

 

ガードがゆるい女もこのバリアはあるんですが、比較的ラクに取り外せます。

 

 

基本的には口説くためには3つのステップを順番に行えば

ガードは崩しやすいです。

 

 

 

ステップ1:雑談をする

まずは雑談です。

 

これはあなたのことを知ってもらうこと、そしてお互いの情報交換です。

この雑談というのは、男女関係なく、友達にでも話しかけるような内容です。

 

  • 仕事
  • 出身地
  • 趣味
  • 年齢

 

誰にでも答えてくれるようなソフトな質問を投げかけます。

 

基本的には答えやすい質問でとりあえず

コミュニケーションをとることが目的です。

 

 

ちなみに基本的な会話が苦手という方は

人に好かれる会話術」は役に立つかもしれません。

 

 

 

 

ステップ2:女性を持ち上げて気分を高める

次のステップでは女性を持ち上げます。

 

 

具体的にいうと褒める

褒めることで相手の女性の気持ちを高めます。

 

 

褒められて悪い気持ちになる人はいませんよね?

 

キャバ嬢など口説かれ慣れている女性や、褒められ慣れている女性には効果が薄いです。

そういう場合は、人と違ったポイントを褒めるしかありません。

 

 

外見は分かりやすいですが、体型などは気をつけてください。

(巨乳でもコンプレックスの子はいます)

 

性格や内面を褒めるのがポイントです。

 

 

 

ステップ3:口説く

最後は口説くステップです。

 

 

ステップ2で、女性を褒めたことであなたのことを受け入れやすくなっています。

これは心理学でいう返報性という原理を使っているためです。

 

いわゆる自分が嬉しいことをされたら、お返ししたくなるアレです。

 

日本にはお中元やお歳暮の文化が根づいていますし、

感謝したり、お礼をしたりする教育は、

小さい頃からしっかりと受けているので有効です。

 

また、嫌なことをされたら仕返ししたくなるのもまた、

返報性の原理でもあります

 

 

 

話がとびましたが、

口説く前に女性を褒めた状態で持ち上げておく状態にする

 

これが自分の要求を飲んでもらうために非常に重要なんです。

 

この状態であれば連絡先も聞きやすいですし、

あなたのオファーには通常よりも従いやすい状況になっています。

 

 

 

「ただ連絡先を聞くのはダメなの?」

 

 

何もなしに連絡先を聞いても無駄です。

 

女性にもメリットがあるようにしておかなければ

プライベートな連絡先は教えようと思わないのです。

 

まぁメリットとまではいかなくても

あなたが不信感を持たれたり、関わりたくない印象を

与えていなければイケます。

 

 

 

「なんであんたにそんなこと教えないといけないの?」

 

まぁ警戒心を持たれている状態ならなおさらですが、

少し打ち解けられた状態なら聞けます。

 

 

 

それと、【理由付け】ができればやりやすいです。

 

 

さっきの例で言うとそもそも「なんで?」っていう部分が

壁になっているわけです。

 

この「なんで?」っていう部分を明確にして

取り除けばOKしてくれるっていうわけです。

 

 

例えばお酒の話で盛り上がって、

「今度一緒に飲みに行こうよ!」ってなれば

具体的な日時を調整して飲む日を決めることになるので

 

 

「飲みに行ける日連絡するから、LINE教えてよ」

ってなりますよね。

 

 

 

 

ステップ2で褒めることによってこの人は自分の良さを分かってくれて、

気分が良くなるというメリットを与えているのです。

 

ちょっとでもいいなと思われないと

なんだかんだ理由をつけて断られるんです。

 

 

 

まとめ:ガードが固い女を口説く方法

ガードが固い女性でも僕は上記の3つのステップで落としています。

 

ただ、あまりにもガードが固すぎて時間がかかりそうな場合

(打ち解けにくい女性や相性が悪い女性の場合)は諦めるようにしています。

 

 

ガードの固い女性というのは、すぐに口説くステップに入らずに

しっかりとできるだけガードを崩してから口説くようにしてください。

 

 

 

補足:ガードが固い女は狙うべきではない!?

 

ちなみに、僕はガードが硬い女性はあまり相手にせずに、

緩めの女性をさっさと口説いちゃうタイプです。

 

ガードが硬いってそれだけ時間と手間がかかるわけですからね

効率悪すぎです。

 

 

よっぽどドンピシャな女性のタイプでない限り、

固執しない方がいいかもしれません。

 

 

 

ちなみに今回の3ステップの口説き方は

僕が普段、女性に使っている口説き方のポイントを

まとめたものです。

 

 

具体的にはもう少しあるのですが、

誰でも使えるような形に落とし込んだテンプレートとして

使えるように教えてます。

 

 

元々営業のノウハウを恋愛対象としての女性に応用したやり方で

今回お話したような人間心理に合わせた口説き方なので、

基本的にいろんなタイプの女性に使えます

 

 

この口説き方に興味のある方は

以下のページで詳しく説明しているので

チェックしてみて下さい。

 

>>詳しくはこちら

 

 

 

 

 

それではまた

 

西嶋

 



【無料】恋愛弱者のためのブレイクスルー講座


  • 女性が苦手でどう接すればいいか分からない
  • 彼女いない歴=年齢
  • イマイチ女性の気持ちを理解できない

恋愛が苦手で、なかなかオイシイ思いができない方のための
メール講座を開講しています。


僕自身の体験と試行錯誤しながら
身につけてきた恋愛ノウハウを出し惜しみ無く公開しています。

メール講座でお伝えしていく内容は…
  • 恋愛で最も重視するべきスキル
  • 女の子とイチャつき放題になる方法
  • 女性から相談された時の適切な返し方
  • 優しい男がモテない本当の理由
  • 男として意識させるコツ
  • ゲスの極みオヤジから学んだ女の真実
  • 恋愛感情スイッチの押し方


また、ここでしか手に入らない
女性が勝手に惚れていく秘密の会話テンプレートも
ご案内していく予定です。


男として後悔しない生き方をしたいあなたには
ぜひとも読んでいただきたい内容になってます。

>>詳しくはこちら






プロフィール

運営者:西嶋(にしじま)
恋愛アドバイザー。オクテで恋愛経験の乏しいダサ男でしたが、出会い、会話テク、雰囲気などの恋愛スキルを磨き、女性に求められる男に。ブログではダサ男からモテ男に進化するための恋愛テクなどをお伝えしていきます
→詳しいプロフィールを読む
Follow @gachimaru2

→お問合わせはこちら
カテゴリー
恋愛教材のランク別レビュー
ブログ内検索
無料教材プレゼント

ページの先頭へ